多重債務者の心得: 裁判所を介さずに整理する…

2006年06月08日

裁判所を介さずに整理する…

皆さんご存知の任意整理。多少の費用は必要です。
※いわゆる「過払い請求」と言う手続きは、この任意整理を行った結果、払いすぎた利息を計算しなおして返還を求める請求を起こすことを指す。

【最大のメリット】
多重債務者の多くが破産などの債務の整理になかなか踏み切れない理由の多くは「保証人に迷惑がかかる」から、というのがほとんど。
実は任意整理の場合は一部の債務だけについて行うことができるので多重債務者にとってはかなり都合の良い整理法かもしれない。

【任意整理について】
自己破産、調停、民事再生等のように裁判所に申し立てをする手続きではなく裁判所外で弁護士や司法書士などに依頼して債権者と個別に交渉をしてもらって利息の減額や支払い期間の延長などをしてもらう整理法だ。整理後の返済期間はおおむね3年が目安となる。

ある程度の支払い能力があって債権者が相談に乗ってくれない場合などに有効で、任意整理の依頼をした時点で請求や督促などはストップする。

通常弁護士や司法書士などが代理人となって債権者と協議してもらうもので個人では不可能だろう。保証人のついてる債務を任意整理する場合は債務者だけ任意整理をすれば保証人に請求が行ってしまうので保証人と一緒に任意整理することになる。

任意整理の場合はローンが残っている車の債務などは整理せずにそのままにしておけるので乗り続けることができる。(ただしちゃんと払い続ける事が前提)

2011年12月現在の情報を別サイトにて公開中

【注意】
アホな業者は任意整理の手続きに入っても取立てを続けたり、うまく言って少しでも集金しようとしてきたり、嫌がらせをしたりしてくるが相手にしないようにすること。
もちろん有資格者に依頼するので必ず費用がかかる。
あと、有資格者の名義だけを使ってなりすましたボッタクリ代行業者もあるので注意すること。
その費用も消費者金融などから借りてみたりして…(笑)


★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得


追記
◆おしらせ◆

債務整理・消滅時効・弁護士と司法書士の違いなど最新ルールを更新致しました。
多重債務に関する最新手続きなど
==========▼債務整理・おまとめローン情報▼==========


【借り換え&おまとめローン】
■件数が多くてもまずはここで審査
  収入証明書類が原則不要!! 楽天銀行スーパーローン

■あきらめないで引き続いて審査を
  必ず銀行でおまとめを勝ち取る・借り換え&おまとめローンガイド

【過払い請求・債務整理】
■自己破産・過払い請求などの債務整理を真剣にお考えなら
 【必見】まずはひと通り目を通して下さい

==========△債務整理・おまとめローン情報△==========
【債務の整理/対策方法の最新記事】

    
     

posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 債務の整理/対策方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19268924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

裁判所を介さずに整理する…
Excerpt: 皆さんご存知の任意整理。多少の費用は必要です。 【最大のメリット】 多重債務者の多くが破産などの債務の整理になかなか踏み切れない理由の多くは「保証人に迷惑がかかる」から、というのがほとんど。 実は任意..
Weblog: 多重債務者の心得+
Tracked: 2010-11-27 02:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。