多重債務者の心得: これが民事訴訟の訴状です

2006年11月25日

これが民事訴訟の訴状です

mail.jpg
★債務を放置するとこんな封筒が届くことになる。

ある方の協力を得てを公開できることに…本来自分のものを使えばいいのだが、すでに手元にないので。ご協力感謝感激だ。

さて封筒の中には…

『口頭弁論呼出及び答弁書催告状』
『答弁書』(空欄に被告人が記入するようにできている)
『答弁書の書き方』
『原告からの訴状の控え』(数枚綴りの内何枚かは契約書のコピー)

以上4点が入っている。

要するに借金を返さないから訴えられたのだ。

催告状には口頭弁論の日時と答弁書の提出期限が書かれてありその他の諸注意なども簡単に記してある。
答弁書は原告の言い分に対して間違いないか、不服はないかなどの確認事項の記入欄が設けてある。

おもしろいのはこの書類の封筒は日曜日に届くように指定されてある。いかに被告人に郵便物が届きにくいかがよくわかる(笑)

【答弁書の書き方】

1、まずは自分の住所・氏名など
今後の書類の送達場所も指定できるようになっている。これは住民登録の住所とは違っていても大丈夫。

2、受取人の指定。
受取人を自分以外の人に指定できるがこれは希望者のみ。
知人とか友人はやめといた方が良いだろう。普通は本人でOK。

※ここからが問題
3、訴状の内容について。
答えは3種類。

内容について…
【認める】/【間違っている(または事実と違う)】/【知らない部分がある】

この3種類の中から選ぶのだが、債権者からの訴状では合計金額などは間違っている事はまずない。一応確認して【認める】にチェックを入れる。
次に問題は【知らない部分がある】についてだが、訴状には契約した時の契約書の控えも一緒に綴じてあるはず。
その控えは本来被告にも渡されているものなので被告は内容を知っているはずである。
ところがほとんどの人は契約書の内容は説明を受けた事も今まで読んだ事もが無く知らない部分だらけだ。
したがって厳密に言えば【知らない部分がある】にチェックを入れてもかまわない。初めて読む項目をいくつか書き上げても良いかも知れないがこれは判決には影響しないだろう。
書くだけ面倒なので【認める】だけにチェックを入れてスルーしてもOK。

4、自分の言い分
ここが一番重要な部分。
言い分には必ず、『支払いが滞った事を深く謝罪します』のような一言を入れる。その上でこの訴えを真摯に受け止めると言った感じの事を。あと自分の怠慢以外の事情があって支払えなくなった場合はその理由など。
そして【和解を希望する】が基本だ。
もちろん分割払いを申し出るのだが、ここで無理は絶対書いてはいけない。
何百万円の借金でも毎月の金額は低めに書く。もうじゅうぶん経験したと思うが支払いが何らかのトラブルでできなかったりするイレギュラーは必ず起きる。
判決が出てしまうと守れなかったら今までのような甘い事は許されない。
支払いの開始を2〜3ヶ月先くらいからの設定にして、毎月3000円とかの金額(これは債務の総額による)を記入する。

ちなみに私は過去に総額25万円くらいを毎月4000円ずつ支払ったり、50万円を2000円ずつ支払ったりした事もある。

そして最後に【その他の案】を記入する欄がある。
毎月の支払額を極少にしてもらう代わりに、余裕がある月は複数月分を支払っても良いと言うことにしておいて欲しいと付け加える。

コツは誠意が見られる文面(内容)であれば要望は8割がた通るだろう。誠意が見られれば裁判官も被告の立場で判決を出してくれるはずだ。

書きあがったら期日までに必ず郵送する。

さて、次は口頭弁論の日に呼び出されているわけだが…
私は今まで債務の不履行で3回訴えられたが全て出頭していない。答弁書はきっちり期日までに送っている。
結果は3回とも答弁書に記入した希望通り判決がくだされ、その後完済している。

本来裁判所からの呼び出しなので行く義務がある。
しかし債権者の本社がべらぼうに遠方だったりすると行けない。
私は(私の知人2名も同じ)一度も出頭せずに希望通りの判決をいただいた。

※出頭していないと言うのは『答弁書だけ送付して、あとは何の連絡もせずそのまますっぽかした』と言うことで。
連絡するとああしろこうしろと言われそうなので…

これを読んだあなたは自分の判断で出頭するか否かを決めていただきたい。

更に口頭弁論でのレアケースも参考にどうぞ。

もっと基本的な事や不安を解消したいならコチラ

【参考】多重債務者の覚え書き

読者様の知的好奇心を少しでも満たせたようなら応援クリックをぜひよろしく→@債務・借金 A経済苦・借金苦
==========▼債務整理・おまとめローン情報▼==========


【借り換え&おまとめローン】
■件数が多くてもまずはここで審査
  収入証明書類が原則不要!! 楽天銀行スーパーローン

■あきらめないで引き続いて審査を
  必ず銀行でおまとめを勝ち取る・借り換え&おまとめローンガイド

【過払い請求・債務整理】
■自己破産・過払い請求などの債務整理を真剣にお考えなら
 【必見】まずはひと通り目を通して下さい

==========△債務整理・おまとめローン情報△==========
【その他(未確認情報もあり)の最新記事】

    
     

posted by 滞納次郎 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(3) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28273086
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

消費者金融に関する社会問題、ニュースについて
Excerpt: 消費者金融に関する社会問題、ニュース、取立て、闇金(ヤミ金)、悪質業者問題などに関する記事のトラックバックをお待ちしています。
Weblog: キャッシング・クレジットカード専用トラックバックセンター
Tracked: 2006-11-26 05:10

個人訴訟で過払い金を取り返す!
Excerpt: このブログは自分の力で過払い金を取り返す手順を公開しています(`・ω・´)ノ このブログに公開している手順に沿って進める事によって、 「過払い金?不当利得金?何それ..
Weblog: 取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
Tracked: 2007-04-06 20:23

これが民事訴訟の訴状です
Excerpt: 答弁書の書き方...
Weblog: 多重債務者の心得+
Tracked: 2010-11-23 15:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。