多重債務者の心得: 裏ワザ(乱用禁止)

2006年07月25日

自己破産を断られてしまた時…

自己破産は誰でもできるわけではない。

ただの浪費や理由が不真面目なものなど、自己破産が許されないケースも少なからずあるようだ。そんな場合の得策。

…と言うよりこれも裏ワザ。ただし多少の技術が必要かも。

自己破産が許されないのだから債務の内容はたいてい複数の消費者金融からの借り入れだと思う。
自己破産が無理ならまずは、特定調停で債務の整理をする。ここでも断られる事もあるがせめて特定調停は真面目に取り組んで頑張って勝ち取る。

無事に特定調停ができたらそこからが技術が必要なところ。
真面目に払えるならそれで払い続ければいだろう。それでも自己破産に未練があったら滞納する。2〜3ヶ月程度滞納する。
もちろんその2〜3ヶ月は厳しい取立てと戦わねばならない。

これに耐えれるかどうか。チャレンジ精神旺盛な方はどうぞ。

その一定期間後自己破産できる。もちろんそれなりの理由をつけて。
本気の方はこの作戦、弁護士さんに持ちかけて頭をさげよう。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

更に借りたい方はコチラ

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(2) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

少数の該当者のみ使えます

サラ金の融資に必要な情報は生年月日と名前…
最低この情報が必要だが。

過去に『改名』した事がある人がたまにいる。
通称や単に呼び名ではなく、戸籍上の名前を改名した経験がある人。
理由は…

名前が原因で強烈なイジメにあった。とか、他に似たような何かの名前と間違われて非常に迷惑することが多かった。とかだ。
私の友人にある芸能人の名前とほとんど同じでそのイメージがあまりよくなかったため、そんな理由で改名したヤツもいた。ちなみにそいつは自己破産の経験者だ。

それ以外にも色んな理由があると思うが、そんな人はいい思いができる。

『せっかく親からもらった名前なので元にもどしたい。』

と申し出れば元に戻せる。もちろんそれなりの手続きや元に戻すための理由はそんな単純ではなく色々作文しないといけないが。

さて戸籍上の名前が変われば何がいいかと言うと。

「健康保険証」や「運転免許証」に記載の名前も変わる。
※もちろん更新後の話。

これが実現すれば無敵だ。
ただし最近ではいい歳をして信用情報がまったく白紙の人はある意味逆に不審にも思われるのでご注意を。

結婚や離婚で姓が変わる女性がいい思いをする話は時々耳にするが男女問わず改名できるチャンスはそれほどない。

しかし厳密に言えば…というより法的に言うと信用情報を偽った詐欺罪になる。はず。かも。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(1) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

カードの現金化について

よく聞く現金化の話だが、そこらへんの話はまだまだ甘い。

買取屋を通すと法外な手数料を取られてしまうので自分でなんとか…
などと考える人は多いだろう。私もよくやった。

くれぐれも裏業者に引っかからないようにしていただきたい。
今ではインターネットが身近にあるのでかなり効率よく換金できる。
いくつか紹介してみよう。

・その1(低リスク編)
家電製品などを扱う大手の量販店でポイントカードを発行してくれるところを利用する。まず、特価品でそこそこ人気の商品をカードで購入しオークションで売却する。違法性もない現金化だ。
新品の特価品の場合、うまくいけば買った値段より高く売れるかもしれない。多少安くても気にしない。これを繰り返すといずれポイントが貯まってタダで商品を手に入れる事ができる。
この時点で利益になる。自信がある方は一気に10個購入して多額な現金化に挑戦するのもいいだろう。
ポイントが1割還元だと同じもので10回繰り返せば11個目はタダで手に入る。
オークションの場合、商品の画像さえあれば落札されてから購入しにいっても大丈夫なのでかなり気楽にでききる。
デメリットは時間がかかること。損せず自分ひとりで現金化するにはこの方法が安全だろう。

・その2(中リスク編)
昔は新幹線の回数券や図書券、商品券などをクレジットカードで簡単に購入できたが今はほぼ不可能。しかし金券ショップなどではカードで購入できたりする(見つけるのに苦労するが…)。
これをそのまま別の金券ショップで売却すれば現金のできあがり。
これもおそらく違法にはならない現金化だ。
ごくまれにプレミア物のテレフォンカードなどが気付かれずに安く売られている場合があるのでそんなの見つけたら超ラッキーだ。
つぎは少し時間がかかるがオークションで商品券や新幹線の乗車券を購入する。オークションに登録しておけばクレジットカードで決済できる。
それを金券ショップで売却。オークションの方が目減りが少なくていいだろう。
いずれにせよ金額が目減りしてしまうが個人でできる現金化では時間もかからずお手軽だ。業者に頼るよりはるかに安上がりだ。

・その3(激悪編)
またオークションを利用する。
落札代金をクレジットカードで決済するようにしておけば、出品者にはちゃんと現金でお金が届くシステムになっている。
この仕組みを利用すれば好きなだけカードのショッピング枠を現金化できる。
しかしこれはおそらく違法行為だ。具体的な方法は明かさないが、ヒントはオークションのIDを2つ取得すればスムーズに事が運ぶ。
これはやってはいけない。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(3) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

自己破産者は借金できないのか…

自己破産するともう二度と借金はできないのか?

普通自己破産してしまうと精神的にも「敗北者」的な気持ちになってしまって何かと遠慮がちに日常を送ってしまう。
自己破産を決意するとき、もう二度とこんな事にはならないように努力しようと心に誓うことと思う。

が、その誓いをもろくぶち壊してくれそうな話で申し訳ない。
けど他人事として考えると楽しいのでこんな話もしてみようと思う。

「自己破産者に金を貸してはいけないという法律はない。」

さすがに銀行や信販会社、大手の消費者金融などは無理だ。おそらく自己破産すれば一定期間経過してもダメな業者もあるだろう。
しかしマチ金レベルにランクを下げればそうとも言い切れない。

融資の条件がかなりアバウトなマチ金も事実存在する。
金を貸す立場で考えると納得できる話だが、必ず利息がついて返ってくる保証があるなら誰でも貸したい。強気のマチ金などは融資の基準は「取り立てる自信があるかどうか」だ。

特に自己破産を一度やってしまうと短期間の間に再度自己破産はできたもんじゃない。それを逆手にとって自己破産者でも取り立てる自信があれば簡単に貸してくれるマチ金がまれにある。

もし過去に自己破産したした方はそんなマチ金を探し出して小額借り入れてすぐに完済しておけば信用情報に借金を完済した心強い記録が残るのである意味将来的にプラスになる可能性も無きにしも非ず…

チャレンジする価値は少しありだと思います。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(2) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

消費者金融を利用して節約する♪

これは法にも触れないのでぜひみんなで活用するべし。
ぜひ乱用してほしいくらい。

日曜や祝日、または時間外で銀行ATMからお金を引き出すと105円とか210円とか法外な手数料を取られる。
そこでわれらが消費者金融の出番だ!

銀行で高い手数料を取られる時間帯の場合、銀行で出金せずにサラ金のATMからお金を出す。そして次の日手数料のかからない時間に銀行から引き出してサラ金のATMに返す。
1万円程度を1日だけならいくらサラ金の高い金利とはいえ105円より安く済む。細かい話だが絶対有効だ。

すぐ実行するべし。これを知ったら銀行の手数料の高さに怒りを覚てしまう。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(3) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月02日

滞納の記録を残さない方法

ある時期から私にとってマチ金は情報源だ。

ATMも設置してないようなサラ金。いわゆるマチ金では毎回直接持参して手渡しで返済する面倒なところもある。
そのようなマチ金には多重債務者しか融資の申し込みに来ない。多少借入の件数が多くても5万円〜10万円くらいなら貸してもらえる。

某マチ金では毎回返済に通ううちに仲良くなってしまって色々な事を教えてもらえてありがたかった。そこで聞き出し造情報の1つを紹介する。

ATMが24時間稼動している大手のサラ金でも小さなマチ金でも必ず、銀行での振込み返済が可能だ。ATMに持参の返済だと規定の金額に達してないと受け取ってもらえない。ところが銀行振り込みだと1円でも送金してしまえる。好きな金額を送りつける事ができるわけだ。
それを利用して、滞納したときの記録が残ってしまうのを防ぐことができる。

期日までに少額だけ振込みで送金してしまう。ただし規定の金額に達していないと電話などがかか造てきて催促されるがコンピューターには一応期日までに入金された記録として残る。

あとは催促がきたら一回目はとぼける。ちゃんと振り込んだつもりだという。銀行に問いあわせて確認するから待ってくれと言えば1日〜2日稼げる。週末を挟んでいればもう少しごまかせる。

…などという事をマチ金が教えてくれる。
なぜこんな事を教えてくれるかと言うと、他より自分の所をしっかり払ってもらいたいからだ。自分の所をちゃんと払わせるためにウソを言ってるかもしれないと思いもするが、試してみると最低でも時間稼ぎにはなるのでそこそこ有効かと思う。

さらに他を踏み倒してウチを払ってくれるなら増額もするとまで言うマチ金もあったのはある意味頼もしく感じるが、その話しには乗らなかった。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が存造け造すいウェブ糟イト版はこ造ら多遜債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裏ワザ(乱用禁止) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。