多重債務者の心得: 各種サラ金

2006年07月04日

恐るべし体育会系サラ金

15年ほど前のお話。
当時審査は犬でも通るといわれていたサラ金のお話…

とんでもないサラ金が関東にあるという噂を聞いていた。

その噂とは…

そこの社員は入社する時に強制的に角刈りかパンチパーマにさせられる。
返済が遅れると呼び出され事務所内で怒鳴り散らされる。
女の子なんかは失禁してしまうくらいの勢いで怒鳴られる。
そのくせ10件程度の多重債務者にも優しく貸し付ける。
おまけに定期的にイベントのように客にDMを送りつけ『特別融資枠拡大フェア』みたいに増額祭りを企画する。
その期間は行列ができるらしい…

という話を時々耳にしていた。大阪では考えられない…
しばらくしてTVの野球中継で横浜スタジアムにそのサラ金の看板が出ているのを見てビビる。まさか…と思った。

その後1年もしないうちに大阪のミナミにそのサラ金の看板を見つけて愕然とする。…とうとうやってきやがった!

そして知人がどこか審査の緩いマチ金を知らないかと言われてそこを教えてやった。
当時その知人はすでに20件ほどつまんでいて(要するに多重債務の事)1500万円を達成していた。
その知人は保証人を1人用意すれば貸してくれるという審査結果だった。それで後輩に頼んで保証人になってもらい融資を受ける事になったのだが…

その保証人と一緒に受付に行くと角刈りとパンチパーマのおっさんたちに保証人のあなたも借りなさいと言われて無理やり20万借りさせられたらしい。

本当に犬を連れていけば犬にまで貸してくれそうな勢いだった。

現在そのサラ金は全国展開を果たし、立派なホームページもある。
そのホームページには
「小口融資」「対面与信」「元利均等返済」顧客中心主義のキャッシングローン「●●●」
と誇らしげにそれらしい宣伝文句を掲げている。

今でも角刈りとパンチパーマの社員しかいないんだろうか…
イメージキャラクターはドMの杉本 彩だ。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 04:34 | Comment(0) | TrackBack(2) | 各種サラ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

古びたビルの中にある暗いマチ金

件数が増えてくるともうマチ金しか貸してくれなくなる。
たいていマチ金が入ってるビルは各フロアマチ金で埋まっている。貸してくれるところが少なくなってくると一番上の階から順に降りながら審査を受けていって1日がかりでやっと数万円だけ借りたりした楽しい思い出がある♪

その中で強烈な印象が残ってるのは受付がチンピラ風のおじさんだった所。
まず審査するから生年月日と住所、氏名、勤務先を記入するように申し込み用紙を出された。

ハガキサイズくらいの大きさの白い紙にプリントごっこで印刷したのではないかと思われる記入欄(と言うよりテストの解答用紙みたいだった)が書かれてある。

そこに一通り記入しておじさんに渡す。審査するので待つように言われて待っていると借入の個人情報をプリントアウトした紙を持って来て色々聞かれる。これはどこのサラ金かとか、信販系はどれかとか…

こんなの見せてくれる所は珍しい。一通り聞かれてしばらく考えていたがとりあえず始めは10万円だけと言う事で貸してくれた。
借用書を書いたり色々書類を作って最後に超ビックリの儀式があった。

写真を撮られた。胸から上くらいを正面と横から。

こりゃ、取立てはかなりキツイだろうなと思って10万握り締めてまた別のマチ金に審査を受けに向かった。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種サラ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

美人の受付を揃えていた某社

わりと大手のD社。都市部の中心地にある大きな支店に借入の審査に行った時の私の体験。

小奇麗なビルのワンフロアーを陣取って営業していた。自動ドアが開いて一歩中に入った瞬間ぶったまげた…

大きなカウンターにずらりと7〜8人ギャルが座っている。きっと面接で選び抜いた女の子達だろう。かなりいけてる。一斉に「いらっしゃいませー」と大合唱してくれる。
そしてカウンターの向こうにはその女の子達以外いない。
自分から女の子を指名して手続きしたかった。
残念だが案内係みたいな人に指示された席に着く。

満面の笑みと明るい声でテキパキ審査に必要な書類を書かせてくれる。たぶんマニュアル通りのセリフを言ってるだけなんだろうけど、できれば世間話でもしたい気分だ。

書類ができたらそれを持って一度奥へ引っ込む。奥では不細工な女子とおっさんたちが審査や取立ての作業をやっているんだろう。

しばらくしてその子が帰ってきた。満面の笑みと明るい声で融資を断りやがった。
もしブスだったら態度が変わっていたかもしれない。

私は照れ笑いを浮かべながら帰るしかなかった。D社はずるい。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 各種サラ金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。