多重債務者の心得: その他(未確認情報もあり)

2015年12月29日

均等返済とリボ払いの違いがわかりますか

lp.jpg借りる前に注意しておくべき返済方式。
毎月分割で・・・これは当たり前のことですが分割の方式にもたくさん種類があります。
大きく分類すると均等返済方式とリボルビング方式。
さらに均等返済とリボ払いにもそれぞれ何種るいかの方式があります。
借りてしまった後でも調べてみましょう。



>>さらに詳しく
posted by 滞納次郎 at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月28日

借金や携帯の名義貸し/知人に貸した金の問題etc

imadoki_lp.jpg今時の借金問題
近年お金の貸し借りの常識が明らかに変化しています。
債務整理をしてもブラックにならないケースがあったり、多重債務者に対して銀行が融資したり、一昔前では考えられないような世間の情勢です。
また携帯電話、インターネットが普及した今、借金も債務整理も誰とも顔をあわせずにできてしまいます。
こんな世の中で起きている身近な問題の具体例や具体策を独自の目線で考察してみました。


>>今時の借金問題をさらに詳しく
posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

全国クレ・サラ被害者連絡協議会加盟団体

◇今さらですが…

北海道札幌市
・じゃがもも道場
(電話:011-75810371)
・札幌陽はまた昇る会
(電話:011-232-8605)
北海道帯広市 たんぽぽの会
(電話: 0155-37-7119)
北海道釧路市
(電話:0154-43-2885)
宮城県仙台市 みやぎ・青葉の会
(電話:022-711-6225)
岩手県宮古市 岩手県商工団体連合会
(電話:0193-63-1346)
福島県福島市 福島県クレジット・サラ金商工ローン被害対策協議会
(電話:0245-33-5524)
長野県長野市 ながのコスモスの会
(電話:026-263-1827)
東京都大田区 太陽の会
(電話:03-3774-1717)
東京都中野区 渋谷の会
(電話:03-3357-5401)
千葉県船橋市 菜の花の会
(電話:047-495-5077)
神奈川県横浜市 横浜かごめ会
(電話:045-224-6692)
埼玉県桶川市 夜明けの会
(電話:048-774-2862)
愛知県名古屋市 愛知かきつばたの会
(電話:052-916-9131)
岐阜県大垣市 NPO法人西濃れんげの会
(電話:0584-92-3307)
石川県金沢市 NPO法人金沢あすなろ会
(電話:076-262-3454)
三重県四日市市 三重はなしょうぶの会
(電話:0593-26-3856)
滋賀県大津市 滋賀県クレジット・サラ金被害をなくす会連絡会
(電話:077-522-2118)
大阪府大阪市 いちょうの会
(電話:06-6361-0546)
大阪府吹田市 さざなみなの会
(電話:06-6382-5275)
大阪府岸和田市 たけのこの会
(電話:0724-38-7734)
愛媛県松山市 
(電話:089-935-7278)
京都府京都市 平安の会
(電話:075-212-2300)
福岡県福岡市 ひこばえの会
(電話:092-761-8475)
長崎県長崎市 長崎あじさいの会
(電話:095-828-4568)
大分県大分市 まなびの会
(電話:097-534-8174)
熊本県熊本市 日掛被害をなくす会
(電話:096-351-7400)

※これで全部じゃないのですが。
とりあえちょこちょこ追加します。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

今時のお金が大好きな弁護士

最近耳にする一部の儲け主義弁護士の話。

最近、過払い請求が大流行だ。
弁護士の力を借りて払いすぎた利息を取り戻そうとする多重債務者が全国的に大量発生している。

ネット上でも『過払い請求』をウリにした弁護士事務所のテキスト広告やバナー広告を良く見かける…というより「だらけ」だ。
業界では「過払い請求バブルだそうだ。」

さてこの弁護士の先生方にはたいてい着手金(依頼した案件に取り掛かってもらうための頭金みたいなもの)と成功報酬を支払わなければならない。
成功報酬は過払い請求の場合、帰ってくる利息の総額の何割かを報酬として支払う事になる。
もちろん払いすぎた利息の金額が多ければ多いほど先生方の報酬は跳ね上がる。

クライアントの多重債務者は、過払い請求をする場合はたいてい苦しい支払いから逃れるために藁にもすがる思いで弁護士事務所のドアをノックする。

のだが…

支払い期間が短く過払いが少なく返還される金額が少なすぎて先生の儲けにならないとわかると門前払いする弁護士様がいる。

せめて過払い請求ではない債務の整理を勧めてくれたりしてもいいものだが、この儲け主義の大先生はそんな手間も惜しいらしい。

死んでしまえ。

…と言いたくなった人はこのマークをクリックしてやってください→自己破産/任意整理/特定調停/


本気で弁護士さんとの相談を考えるならこれが安心です
弁護士ドットコム

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

これが民事訴訟の訴状です

mail.jpg
★債務を放置するとこんな封筒が届くことになる。

ある方の協力を得てを公開できることに…本来自分のものを使えばいいのだが、すでに手元にないので。ご協力感謝感激だ。

さて封筒の中には…

『口頭弁論呼出及び答弁書催告状』
『答弁書』(空欄に被告人が記入するようにできている)
『答弁書の書き方』
『原告からの訴状の控え』(数枚綴りの内何枚かは契約書のコピー)

以上4点が入っている。

要するに借金を返さないから訴えられたのだ。

催告状には口頭弁論の日時と答弁書の提出期限が書かれてありその他の諸注意なども簡単に記してある。
答弁書は原告の言い分に対して間違いないか、不服はないかなどの確認事項の記入欄が設けてある。

おもしろいのはこの書類の封筒は日曜日に届くように指定されてある。いかに被告人に郵便物が届きにくいかがよくわかる(笑)

【答弁書の書き方】

1、まずは自分の住所・氏名など
今後の書類の送達場所も指定できるようになっている。これは住民登録の住所とは違っていても大丈夫。

2、受取人の指定。
受取人を自分以外の人に指定できるがこれは希望者のみ。
知人とか友人はやめといた方が良いだろう。普通は本人でOK。

※ここからが問題
3、訴状の内容について。
答えは3種類。

内容について…
【認める】/【間違っている(または事実と違う)】/【知らない部分がある】

この3種類の中から選ぶのだが、債権者からの訴状では合計金額などは間違っている事はまずない。一応確認して【認める】にチェックを入れる。
次に問題は【知らない部分がある】についてだが、訴状には契約した時の契約書の控えも一緒に綴じてあるはず。
その控えは本来被告にも渡されているものなので被告は内容を知っているはずである。
ところがほとんどの人は契約書の内容は説明を受けた事も今まで読んだ事もが無く知らない部分だらけだ。
したがって厳密に言えば【知らない部分がある】にチェックを入れてもかまわない。初めて読む項目をいくつか書き上げても良いかも知れないがこれは判決には影響しないだろう。
書くだけ面倒なので【認める】だけにチェックを入れてスルーしてもOK。

4、自分の言い分
ここが一番重要な部分。
言い分には必ず、『支払いが滞った事を深く謝罪します』のような一言を入れる。その上でこの訴えを真摯に受け止めると言った感じの事を。あと自分の怠慢以外の事情があって支払えなくなった場合はその理由など。
そして【和解を希望する】が基本だ。
もちろん分割払いを申し出るのだが、ここで無理は絶対書いてはいけない。
何百万円の借金でも毎月の金額は低めに書く。もうじゅうぶん経験したと思うが支払いが何らかのトラブルでできなかったりするイレギュラーは必ず起きる。
判決が出てしまうと守れなかったら今までのような甘い事は許されない。
支払いの開始を2〜3ヶ月先くらいからの設定にして、毎月3000円とかの金額(これは債務の総額による)を記入する。

ちなみに私は過去に総額25万円くらいを毎月4000円ずつ支払ったり、50万円を2000円ずつ支払ったりした事もある。

そして最後に【その他の案】を記入する欄がある。
毎月の支払額を極少にしてもらう代わりに、余裕がある月は複数月分を支払っても良いと言うことにしておいて欲しいと付け加える。

コツは誠意が見られる文面(内容)であれば要望は8割がた通るだろう。誠意が見られれば裁判官も被告の立場で判決を出してくれるはずだ。

書きあがったら期日までに必ず郵送する。

さて、次は口頭弁論の日に呼び出されているわけだが…
私は今まで債務の不履行で3回訴えられたが全て出頭していない。答弁書はきっちり期日までに送っている。
結果は3回とも答弁書に記入した希望通り判決がくだされ、その後完済している。

本来裁判所からの呼び出しなので行く義務がある。
しかし債権者の本社がべらぼうに遠方だったりすると行けない。
私は(私の知人2名も同じ)一度も出頭せずに希望通りの判決をいただいた。

※出頭していないと言うのは『答弁書だけ送付して、あとは何の連絡もせずそのまますっぽかした』と言うことで。
連絡するとああしろこうしろと言われそうなので…

これを読んだあなたは自分の判断で出頭するか否かを決めていただきたい。

更に口頭弁論でのレアケースも参考にどうぞ。

もっと基本的な事や不安を解消したいならコチラ

【参考】多重債務者の覚え書き

読者様の知的好奇心を少しでも満たせたようなら応援クリックをぜひよろしく→@債務・借金 A経済苦・借金苦総量規制後の新ルールと豆知識
posted by 滞納次郎 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(3) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

高校生でも使えるVISAカード♪

★もちろん多重債務者でもOK★
面白いモノが登場した。これは便利かもしれない。
デビット機能のみのVISAカードだ。もちろん新聞代も払えるし、携帯電話の支払いもOK。
あとネットショッピングなどにも使えるので完全に財布代わりだ。

詳細は上のバナーをクリックしてもらえればムービーの解説を見る事ができる。
このカードはぜひ1枚確保しておきたい。私も早速申し込んだ♪

なぜ申し込んだかと言うと以下の特典にひかれたから。

●私が気に入った点
■海外でも使える。
■利用すると年に一回キャッシュバックがある。
■このカードで購入した商品には保険が適応される。(最大60日間50万円まで)


実際申し込んだらこうなる…
@まずパソコンで必要事項を入力。
A入力が終わると記入済みの申し込み用紙がPDFファイルでダウンロードできる。
VISA_youshi.jpgBダウンロード後プリントアウトする。
※プリンターがない方はこのPDFファイルをどこかでプリントアウトするか、電話して郵送してもらう。
←これがプリントアウトした申し込み用紙。3枚組。このうち1枚はご丁寧に郵送用の封筒です。これを使うと切手不要。


VISA_hanko.jpgCプリントアウトした3枚のうち2枚には署名、捺印する箇所があるので良く確認してサイン、押印する。
※赤い楕円の部分が署名、円のところに押印


huto.jpgD最後に封筒ははさみで切り取って糊付けしてできあがり。
A4の申し込み用紙2枚は4つ折りにすればピッタリ入る。

E身分証明書のコピーを忘れずに入れる。【これ重要】
運転免許証か保険証。保険証の場合、電気・NHK・水道の請求書控えをさらに追加する必要がある。



visa.jpgF申込書を送ってから3週間前後でこんなカードが届く。
※届くまでに1度郵便による確認などがある場合があるのでその間は郵便物には注意すること。
できるだけ多方面で利用してみて使い勝手を検証していきたいと思う。いずれ皆さんにもご報告したいのでお楽しみに。

高校生でもこれが持てるのでちょっと他人と差がつけられていいのではないだろうか。

欲しい人は今すぐこちらを→スルガ銀行VISAデビッドカード

★また当記事以外にも情報をお求めの方
おまとめローンはコチラ⇒おまとめローンガイド

よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 02:49 | Comment(0) | TrackBack(9) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

信用情報なるもの…

自分の信用度はどんなもんだろうか…

なんて考えたことは1度や2度ではないと思う。自分の信用情報はある機関に問い合わせれば開示してもらえる。
こんなものがどこかのコンピューター内にストックされていると思ったらぞとする。

貸金業を営む業者はこの情報をいつでも取り出せる。端末に氏名と生年月日を入力すれば出てくる。
小さなマチ金などに行くとこのプリントアウトされた情報を直接見せてくれる業者もある。このデータを見ながら細かく質問されて貸すか貸さないかを判断するマチ金に出くわしたことがある。

この信用情報を見ると多重債務者の場合は各社の借入額や返済状況などもわかるようになっている。遅れることなく支払ってるかどうかなどもわかってしまう。
そして、融資を受けるための審査を受けた記録まで一定期間残ってしまう。他の消費者金融で融資を断られて来たことがばれてるわけである。
大手ではこのような客は有無を言わさず断られれる。
審査を受けてダメだったらしばらく大手は通らないと思っていいだろう。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(1) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

マチ金の融資判断

自分の経験とヤミ金業者から聞いた話を総合しての考察。

サラ金などに融資の申し込みに行くとまず申し込み用紙に個人情報を記入させられる。たいていの場合名前と生年月日で金融関連の情報が調べられる。
(日本のどこかに同姓同名で同じ生年月日の人がいるとややこしい。このケースは実際2人ほど過去の知り合いの中にいた。)
ところが最近(と言ってもいつ頃からかはわからないけど)他の要素でも疑わしいと判断するサラ金もある。

私の知人で1件の借り入れもなくまず大丈夫だろうと思っていた人がサラ金の審査でダメだったことがある。2〜3軒回ったがダメだった。
クレジットカードの審査も住宅ローンもらくらく通過した人なのに。

色々調べてなかなかわからなかったが、最終的に金融関連の友人から聞いたところ、携帯電話の番号で審査を落とす場合があることがわかった。
実はその友人、以前借金まみれになった同僚から携帯電話を譲り受けていた。番号や名義はそのままで使わせてもらっているとのことだった。
おそらく借りれなかった理由はそれだろうということで一応納得はしたが、それならそれでもっと色々検証したかった。

さらに今後はもっと個人情報の照会は進んでいくだろう。そろそろ顔写真や指紋なども審査の判断材料にされそうだ。

★また当記事以外にも情報をお求めの方
よろしければこちらを→@債務・借金 A経済苦・借金苦

情報が見つけやすいウェブサイト版はこちら多重債務者の心得

>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他(未確認情報もあり) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。