多重債務者の心得: 任意整理・過払い請求【最新】

2012年05月26日

司法書士並みの良心的な金額設定で安心!

山王綜合法律事務所
全国展開の弁護士事務所としては画期的な料金で債務整理が可能です。
※費用の例
・任意整理の場合(過払い請求)
 初期費用0円
 基本弁護料1社当たり21,000円〜 (最大48回まで分割可能)
 その他成果報酬

・個人民事再生の場合
 初期費用0円
 基本弁護料、400,000円〜 (最大36回まで分割可能)
 その他予納金、印紙代など

・自己破産の場合
 初期費用0円
 基本弁護料、300,000円〜 (最大12回まで分割可能)
 その他予納金、印紙代など
 
完全無料・匿名で利用できる借金解決診断シュミレーターで事前確認できます。

お問い合わせ⇒山王綜合法律事務所>>整理するか一本化か
posted by 滞納次郎 at 05:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 任意整理・過払い請求【最新】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

3分でわかる債務整理(過払い請求)手続きの選び方進め方

3分でわかる債務整理(過払い請求)手続き

貸金業法の改訂以降(と言うかその前後の時期)に微妙に扱いが変わってきたルールなどがある。
なるだけ簡素にまとめるとこんな感じかと…
多重債務者の皆さんが迷いそうな部分をなるだけ簡単に挙げておく。

【過払い請求してもブラックにならない】
2010年4月19日から過払い請求をしてもブラックにはならなくなった。
またその時点で登録されている任意整理(過払い請求)によるブラックもさかのぼって削除されることになった。
※注意
滞納などによるブラックが記録されてしまっている場合は消えないので要ご確認。

【総量規制を1分で解説すると】
債務の合計が年収の1/3を超える借金はできない。
しかし、以下の借金はOK。
・自動車ローン
・住宅ローン
・高額医療費支払いのための貸付
・利用者が有利になる借り換えローン
・銀行からの貸付
※他にもいくつかあるが、一般的な生活の範囲内ならこの程度知っておくと大丈夫だろう。

【弁護士と司法書士・選び方】
決定的な違い
⇒司法書士は一定の債務総額の範囲内でかつ、簡易裁判所での訴訟代理件しかもたない

◆自己破産
・弁護士 …○(全てを任せて大丈夫)
・司法書士…×(書類の作成のみ(※注1))

◆民事再生(個人再生)
・弁護士 …○(全てを任せて大丈夫)
・司法書士…×(書類の作成のみ(※注1))

◆過払い請求(任意整理)
・弁護士 …○
・司法書士…○(※注2)

◆特定調停
簡易裁判所にて自分でやることを推奨
・弁護士 …○
・司法書士…○

※注1)自己破産、民事再生の場合は司法書士に書類を作ってもらって債務者が手続きに出向かないといけない。その分費用は安い。
※注2)任意整理は裁判所を通さずに直接債権者との交渉になるため、強固な債権者がいた場合交渉がこじれ地方裁判所に交渉を委ねることになってしまうと司法書士は手を出せなくなる。

どうみても司法書士の方が不利なのだが、なぜか司法書士が大人気。
その理由はコチラ⇒稼げなかった弁護士

【借り換え・おまとめローン】
これは多重債務者でなくても知恵は頭に入れておくべき。
自動車などを購入時、金利が高い時代に長期ローンを組んだなら、その1件だけでも銀行のおまとめローンで借り換えてしまえばかなり大きな節約になる。
貸金業法の改定後、銀行ローンが以前にくらべてぐんと利用しやすくなった。
これは予想していなかったが、サラ金が衰退して銀行が成長すると言うローンの本来あるべき姿だと思う。
昔ほど銀行ローンの敷居は高くないので一度チャレンジされたし。
・参考
おまとめローンガイド
おまとめローンナビ

【消滅時効の手続き】
思ったより簡単なのでご自分でされることを推奨。
借金帳消し★消滅時効ガイド>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 任意整理・過払い請求【最新】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

稼げなかった弁護士のヒガミ

昨年の暮れに大阪の有名司法書士事務所が非弁活動で書類送検を食らった。
同年春に「大阪弁護士会」が府警に刑事告発していたものだ。

容疑の内容は、資格がない事務員が、事務所所属の司法書士の名義を使って任意整理手続きを代行し、報酬を受け取った疑いがあるというもの。

この事件の注目すべき点は、この司法書士事務所の顧客が何かのトラブルに巻き込まれたわけでもなく、顧客からの訴えでもない点。

結末は2011年春、案の定この件は嫌疑不十分で不起訴となった。
弁護士会が告発してるのに嫌疑不十分とはこれまた不細工な話だ。

弁護士会の言い分は「無資格の事務員が過払い事務をしていた」ってことだが、自分達はどうだ。

弁護士の中には助手や事務員に仕事させて怠けてたり、依頼者を見下した態度で接する先生方も多い。
稀な例だが過払い金をほとんど報酬にしてしまって懲戒処分受けた弁護士もいる。

これでは弁護士に仕事は回ってこない。それどころか優秀な司法書士はどんどんクライアントを獲得している。

弁護士の先生方は多重債務者からの依頼をクズのような案件だと思ってらっしゃるのだろうか。

債務整理を依頼するにも依頼者として扱われるか、お客様として扱われるかを考えると知らない弁護士事務所の敷居をまたぐには相当の勇気がいる。

この告発はあきらかに正義感からの告発ではなく、仕事が減ったヒガミとしか見えない。
(もともと仕事があったわけでもないだろうが…)
しかも不起訴。

ふんぞり返った先生方は今後も能力が高い司法書士の一歩も二歩も後ろを歩かされるに違いない。

※その能力の高い司法書士事務所
アヴァンス法務事務所

読者様の知的好奇心を少しでも満たせたようなら応援クリックをぜひよろしく→@債務・借金 A経済苦・借金苦
>>債務整理情報&おまとめ・借り換え情報
posted by 滞納次郎 at 04:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 任意整理・過払い請求【最新】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。